自分的いちにち
自分の悩みとか吐き出させてください。 ※ゲイな人なので理解のない方はご遠慮ください。当方感情の起伏が激しいので気分により更新します。
改めて
気付いたことがあった。
職場の同僚が死んだ。

自分の1個上。だけど4年後輩。
自分にとって初めての男の後輩で初めて教育を担当して初めて職場に来た色黒の人だった。
毎日笑顔が絶えなくて、印象に残るキャラクターで嫌みのない文句や愚痴を言って
何でも笑わせてくれる人だった。

そんな彼の急死。

まだ1週間も経ってない。
正直、何も受け入れられてなくてまだ彼は生きていてそのうち「おはようございます」って言ってくれる気がして。

初めてお通夜に参列した。
涙が止まらなかった。
泣いても泣いても止まらなくて落ち着かせようと思っても止まらなかった。
顔を見たら、たまに昼休憩で見た寝顔のように寝てた。
呼んだら起きるんじゃないかな?って。
最後にしたチョコバット買ってくるから!って約束が果たせなかった。
言った次の日にでも買って渡せばよかった。
明日言えばいいや、月曜に言おう
なんて思わなければよかった。

彼の気持ちに気付いてあげればよかった。
もっとちゃんと関わっていたらよかった。

もう遅いのに
間に合わないのに
後悔ばかりが溢れて
夜中に目を覚ますと
彼が遊びにきてくれるんじゃないかと辺りをきょろきょろしてみるけど
そんなはずもなくただ夜中の自分の部屋でしかなくて。

こんなにも人の死が誰かの心を殺すってこと
こんなにも悲しくて辛くて虚しくて
自分がこんなにも無力だって気付いた。

自分が死ねずに、今生きている事に何か理由があるなら
きっとそれは彼が教えてくれた、「死」がどういうものか
それを考えることになるんだと思う。

自分が死ねずに生きてしまった分
彼の分も生きていかなければならないのだと思う。

自分にもまた死ということを自分で選ぼうと思った時
きっと彼を思い出し、また未遂になるのだと思う。

ふと昔夢を見たことを思い出した。
彼がぐしゃぐしゃに泣いていた。
今になって思い出したけど、彼はその時からなにかあったのかもしれない。
その時にでも彼に話を聞けばよかった。

彼は天国にいったかな?まだ移動してる最中かな?
空を見上げる度に天の川でサーフィンでもしてるのかなって思うよ。

でもね、不思議と彼のことを考えると悲しいのに、
笑顔になれるんだ。不思議とあんなことあったなーなんて明るく言えるんだ。
だから、いつか会えたら馬鹿野郎!って殴ってやりたい。

悲しみは大きすぎるけれど、彼がくれた笑顔や明るい雰囲気は絶対なくならない。
ありがとう。


最後に

彼のご冥福をお祈りいたします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック